膀胱炎の種類

膀胱炎とは、膀胱が感染したことによって炎症を起こした状態のことをいいます。膀胱炎には急性単純性膀胱炎と慢性複雑性膀胱炎出血性膀胱炎の3種類があります。

急性膀胱炎

膀胱や尿道に病気が無い状態で、大腸菌などの細菌が入ることによって起きる膀胱炎です。一般的に膀胱炎と呼ばれる疾患のほとんどは、この急性膀胱炎だといわれています。急性膀胱炎は、基礎疾患のない単純性がほとんどです。若い女性に多くみられます。急性膀胱炎とは、細菌が原因で起こる膀胱炎です。

慢性膀胱炎

基礎疾患として糖尿病、膀胱や尿道の病気があるために細菌が膀胱内に住みつき、慢性的に膀胱炎を繰り返す状態です。急性膀胱炎の症状が強く出るのに対し、慢性膀胱炎の場合は症状も軽く、反面、治療に時間がかかります。慢性膀胱炎の場合、慢性複雑性膀胱炎といって、基礎疾患があるものもあります。元になる疾患が原因で、細菌が膀胱に入って増えてしまい、炎症を起こします。

出血性膀胱炎

出血性膀胱炎とは、肉眼で見えるほど尿に血が混じっており、白く濁る膿尿の症状がない膀胱炎で、急性出血性膀胱炎とも呼ばれます。出血性膀胱炎の原因は、ウィルスや細菌、抗がん剤の投与、食物や薬のアレルギーなどですが、ウィルス性のものが多く、一般的に出血性膀胱炎といえば、ウィルスが原因とされます。子供がかかりやすく、アデノウィルスによるものが一番多くみられます。