膀胱炎の症状と原因

膀胱炎とは
膀胱炎とは、大腸菌や腸球菌などの細菌が膀胱内に侵入して起こる炎症です。一般的に男性より、膀胱炎にかかる女性がもっと多いと報告されています。それは女性の体の構造と密接な関係があります。男性と比べて、女性の尿道が短いため、細菌が膀胱内に侵入しやすくて膀胱炎になるリスクが高いと認められています。

膀胱炎の症状
膀胱炎の症状というと、一般的に排尿時の痛みや尿の濁り、頻尿などといった症状が現れることが多いですけど、膀胱炎の種類によって症状も異なっています。膀胱炎はだいたい慢性膀胱炎と急性膀胱炎の二種類があります。慢性膀胱炎は、あまり自覚症状が強くなく、膀胱機能が低下している場合や前立腺肥大症などの病気が原因で発症することがあります。急性膀胱炎の症状について、1回の尿量が少なく頻尿になる、排尿中や終わりにジーンとしみるように痛む、残尿感がある、尿が白く濁るなどの表現があります。

膀胱炎の原因
女性の体の構造は膀胱炎の第一位の原因とされていますけど、性行為で女性の膣内に雑菌を付きやすくさせて膀胱炎になる場合も多いです。他には、無理なダイエット、ストレスや疲労で、身体の抵抗力が低下していることや、肥満や加齢により、骨盤底筋が膀胱を支える力がなくなることも膀胱炎を誘発する重要な原因になります。