膀胱炎の治療法について

膀胱炎というのは治療法が色々とあります。細菌の感染が原因となっている病気なので、細菌を殺菌するか、体外へ出すことができれば膀胱炎は自然と改善されていきます。ここで膀胱炎の治療法を具体的に紹介します。

薬物療法
膀胱炎の原因として最も多くみられるのはグラム陰性桿菌で、単純性膀胱炎で最も多いのは大腸菌です。これらには、多くの抗菌剤が効きますが、ペニシリン系薬剤に対して耐性を持っている場合もあります。

水分補給
膀胱内にある細菌を外に排出するために水分を多く取り尿をたくさん出すのがよいとされています。これは酔っ払った時に水分を取りアルコールを体内から排出させるのと同じメカニズムです。
まずは細菌を外に出すということです。程度の軽い膀胱炎はこれだけで治ることもあります。ただし、炭酸飲料やアルコールなどは刺激を与えてしまうので控えたほうが良いです。

下腹部を温める
下腹部を温めることで血の循環をよくすることで免疫機能の回復が早くなります。水分補給の際に温かい飲み物を飲み毛布やホッカイロなどで下腹部を温めるがよいとされています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です