膀胱炎はどんな病気ですか?

boukouenn2
膀胱炎はどんな症状がでる?|膀胱炎の治療薬について

膀胱炎とは

膀胱炎とは、膀胱が感染したことによって炎症を起こした状態のことをいいます。膀胱炎は特に女性に多くみられる病気です。そして妊娠可能な年齢でよく起こるようです。膀胱炎を繰り返して起こす女性もいるといわれています。女性に膀胱炎が起こりやすい理由としてあげられるものは、女性の尿道が短いことです。また、女性は尿道口が、膣や肛門と近いため、雑菌が入りやすい。特に大便の後、拭き方が悪いと大腸菌が付きやすい。性行為により雑菌が付きやすく、女性の膣内にいる雑菌やクラミジアなどの微生物に感染しやすくなります。妊娠すると、身体の抵抗力が低下するため、感染症にかかりやすいなどの理由で膀胱炎を起こしやすくなります。トイレを我慢すると、膀胱内に溜まった尿の中で細菌が繁殖し、炎症を起こすきっかけを作ってしまいます。

膀胱炎は急性膀胱炎と慢性膀胱炎に分けられます。一般的に膀胱炎と言えば急性膀胱炎を指しますが、この2種類の膀胱炎の治療の方法について以降の項目で解説していきます。

急性膀胱炎は、細菌が膀胱内の粘膜で増殖し炎症を起こすことで発症する病気です。急性の膀胱炎は、トイレが異常に近くなる(頻尿)、排尿時の痛み、尿の濁りが3大症状です。加えて、排尿後も尿が残っているようでスッキリしない(残尿感)感じがあったり、時には血尿が出ることもあります。

半年間で複数回の膀胱炎が発症する場合は慢性膀胱炎の可能性があります。膀胱や尿道に病気があることによって細菌が膀胱内に住みつき、慢性的に膀胱炎を繰り返す状態です。急性膀胱炎の治療が完了しておらず再発する場合と尿管や膀胱のなんらかの基礎疾患が原因となって発生する場合があります。適切な治療を行うためには原因追及のための尿検査が必要になります。

膀胱炎はどんな症状がでる?

昼夜を問わない頻尿、膀胱のあたりの痛みなど通常の膀胱炎に症状が似ていますが、細菌感染が見られません。疼痛は尿がたまってくると強くなり、排尿をすると軽くなるのが典型的です。しかし、早めにトイレに行くことで痛みを避けていることもありますので、必ずしも痛みがあるとは限りません。痛みはある種の食べ物をとると強くなったりすることがあります。病気が進行した例では、膀胱は萎縮して、小さく硬くなってしまいます。

膀胱炎の治療方法は?

一般に、膀胱炎の治療には抗菌薬(抗生物質)を使用します。多くの場合、治療薬の服用から数日以内に症状の改善がみられます。数日薬を服用した後、自覚症状がなくなり、尿検査で菌が消失すれば内服薬を中止できます。以前は、膀胱炎はどんな抗生物質を飲んでも効きましたが、最近は耐性菌が多く存在し、淋菌やクラミジアなどの性感染症の原因菌による膀胱炎などもあり、細菌検査で薬剤感受性を見つつ薬を選択しないと、簡単に慢性化するようになりました。抗生物質で治りが悪い場合や頻繁に繰り返す場合には、漢方薬、アロマセラピー、リフレクソロジー、ツボ療法、エビデンスのある健康食品による代替医療もおすすめです。

膀胱炎の治療薬について

膀胱炎に働きかける市販薬には、利尿作用のある漢方処方のものが多くあります。抗菌薬のような強力な殺菌力はありませんが、膀胱炎の初期と言える状態なら、膀胱の炎症を抑えながら、排尿を促進することで菌を洗い流すことが期待できます。ただし、膀胱炎に似た別の病気といった可能性もあるため、症状の改善がみられない場合には早期に医師の診断を受けるようにしましょう。

★ED勃起障害治療薬の特徴
レビトラ